忍者ブログ
都築製作所のぶろぐ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーも、グラフィッカーの「冬コミ当落は10月の第一週末」という誤情報に騙され、特になんでもない10/2の金曜日に一人そわそわしていた都を築くです。

待ってたぜェこの”瞬間”をよォ!と武丸くん並に待ちわびていた瞬間が来ました。
ほぼ確実視していた冬コミですがこの度『三日目 東ユ-40b』に配置されました。
この事実に対して私のなかには愛憎入り交じったかのような感情が渦巻いております。この気持、まさしく愛です。

しかし気持ちというのは空回るのが世の常でありまして、状態としてはおおむね例年通りという天気予報でありがちな状態です。

このブログもせめてもう少し見通しが立ってから更新したかったのですが、陰惨たる現状に耐え切れず、中途半端なこのタイミングでゲロる運びとなった次第です。

まぁ流石に手ぶらというわけにはいかないですし、いくわけもないので当日は「寿限無寿限無」の完成版を持っていきます、きっとたぶんめいびぃ
しかしながら「あの日の約束」はなんといいますか、あまり認めたくはありませんが例年を鑑みるにダメそうです……へへっ。

そして驚くべきことに、もう申し上げることはなにもないのです、この先どうなるかは誰もしらないのです。

確定した動きは都度報告しますが、もし来る12/31に最低限上記の内容が満たすことができていたならば、きっと東ユ-40bにぐったりしたおっさんが二人はいると思うので、褒めてやってください。

では。

拍手

PR
どーもこんばんは、都を築くです。

あまりにもネタがなく、最近の中で一番の不満をタイトルに持ってきてしまいました。
でもきっと私と同じように高温多湿のトイレで発汗した肌に湿気った滑りの悪いペーパーが引っかかり憤慨してる人はいると思うんですよ。

これ以上続けるとアレなので話は変わりますが、私の華麗なる計画では、今頃は夏コミ頒布用の作品の進捗が「もしかして間に合わないかも?」から「絶対間にあわんわ」へと変わり泡を吹いているころなのですが、落選した今年はそれもなく、なんとなく悶々とした日々を過ごしています。

作品を公開する場としては、コミケにこだわらずとも色々ある(と最近知った)わけですが、やはり最初に作品公開の場として選び訪れたコミケには、自分の中で特別なものがあるのだと思います。

それはさておき現状では前回のブログで言ったように「寿限無寿限無」という短編を作っています。
できれば夏コミの時期に合わせて公開できたらなぁ、と思っていたのですが難しい状況です。
今回は紆余曲折あり一人称視点で書くはずだったものを三人称視点でシナリオを書いているのですが、これが凄く難しいです。
三人称でシナリオを書いたことがなく、その為に作法などなど調べているのですが、調べれば調べるほど何が正しくて何が悪いのかがわからなくなってしまいました。
例えば三人称の強度において、主観的な表現が許される範囲や登場人物の心理(=心の声)をどこまで描写してもいいか?などなど疑問はつきることがありません。
(調べてみても論者それぞれで言い分が違ったりして、これがまた余計に混乱します(笑))

ここで我ながら駄目だなと思うところが、自分の中で気になっている物事が腑に落ちないと次に進めない悪癖なんですよね。
tthkからは「ごちゃごちゃうるせぇ、とりあえず書き進めてみろや豚野郎」などと日々言葉のナイフでめった刺しにされむせび泣いているのですが、それができない(笑)
耳の痛くなる正論なのですが、なんとか書き進めても出来たものに手応えが感じられず退屈に感じて破棄したくなります(笑)

もう既に、三人称なんて二度と書くか!なんて気分になっていますが、知らない物事や技術を知って、身につけていくのは純粋に楽しく思います。
そしてここまで散々書いといてなんですが、いろいろ調べた結果は「人によっていうことちゃうから自分の好きなように書いたろ」になりそうです(笑)

もしかすると出来上がったものが三人称という名の一人称になっているかもしれませんが、暑さが残る時期中には出したい作品なので頑張ります。
というか冷静に考えて今が8月ということは冬コミまであと5ヶ月を切ったということであり、いつまでもウダウダいっていられない状況なわけなのです。
毎度思いますけど、冬→夏と夏→冬の時間配分おかしいのです。完全に罠にはめに来ているのです。

とか言いつつ夏季休暇はしっかり遊びまわる予定ですけど(笑)(久々の特に追われるもののないゆったりした夏なのでお許しください)

それでは今日はこの辺で
ではでは

拍手

どーも都を築くです。

タイトル通り6月13日(土)に行われた同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014の観覧に行ってきました。
残念ながら力及ばず「一生に一度の、」はタイトルを受賞することはできませんでしたが、
アフターパーティー含めて他サークルさんと色々お話することができ、とても充実した一日でした。
(挨拶いただいた方々、名刺もらってばかりで用意してなくてすみません……)

というか他ノミネート作品の数々……なんなんですかあれは、当たり前のように絵はグリグリ動くわフルボイスだわ洒落乙でおしゃんてぃーなムービー流れるわ、商業作品かと思うじゃないですか!
正直なところC88に落選して下がっていたテンションが、メチャクチャ上がりました。

ちなみにさらっと上で書きましたが、C88落選しました。
次回イベント参加は冬コミになります。
が、それまでに「寿限無寿限無」をweb上で公開しようと思ってます。
冬の予定は……詳細を語るにはまだ時期が早いので今度にしますが、今回落選したのでまず当選するつもりでいます(笑)
(とりあえずみなみさんに、あの日の約束絶対完成させます宣言をしてしまったので、それをなんとかしないと……)

最後になりますが、本企画の運営者であるおすすめ同人のみなみさんに心から感謝申し上げます。
自分の想像以上に驚きや発見のある楽しい時間でした。
会場を抑えたり説明したり資料を作成したり……などなど、企画の運営はとても大変だと思いますがこれからもこの企画が続くことを願っております。

次もこの企画に選出されるような作品を作っていかんとなぁ……ではでは!

拍手

どーも都を築くです。
twitterで報告していましたが、おすすめ同人様主催の同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014
主演女優部門】並びに【短編部門】の二部門に「一生に一度の、」がノミネートされました。

この度はノミネートいただきありがとうございます。とても光栄に思うと同時にとてもびっくりしています。

最初に管理人のみなみさんからこの報せをいただいたときなど職場にいたのですが、動揺のあまりその場で立ち上がってしまう程でした(周囲にはトイレに行くふりをして誤魔化しました笑)

けれどなによりも、面白いものを作ろうと思い作ったものをこうして評価いただけるのは嬉しく思います。
特にシナリオ担当としては今作テーマの一番の代弁者でもあるヒロインが主演女優部門にノミネートされたこと、またそのノミネートコメント「どこまでも、優しい神様」の一文がとても嬉しく思いました。

受賞作発表は6/13(土)です。
正直なところもうすでに万年地方大会初戦敗退の高校野球部が、奇跡の快進撃で甲子園本戦に進んでしまって「俺達はよくやったよ……」的な満たされた気分なのですが(笑)
仕事とかいう対社畜用封印魔法が発動しなければ、当日は会場にもお邪魔させていただく予定です。

以上締めの言葉が思い浮かびませんが、今日のところはこの辺で
ではでは。

拍手

どーも都を築くです。

よくよく思い返してみるとこのブログって開発(製作)記録なんですよね。
その事実にふと思い至ったので、今頃になって「一生に一度の、」の製作裏話でもつらつら書いていこうと思います。

ネタバレや色々と赤裸々な話が満載なので、世界観を壊したくない方や余計な補足はいらん!という方は見ないほうがいいのではないかと思います(笑)

構わない方は下のリンクから続きをどうぞ

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
都築製作所
性別:
男性
自己紹介:
都築製作所メンバーによる開発記録のblogです。

シナリオ:都を築く
グラフィック:tthk
音楽:yamazin

でお送りします。
バーコード
ブログ内検索
カウンター